erondo_staffのblog

2013年11月

みなさまこんにちは。
eRONDO代表の三ツ矢新です。

昨日発売のテックジャイアン1月号はもう見ましたか?
eRONDOデビュー作『こいなか』の連載記事がスタートしています。
今月から5か月に渡って1人1人キャラ紹介をしつつ、
『こいなか』の世界を紹介していく・・・という企画です。 

毎号スポットを充てるキャラのセクハラインタビューのボイスコンテンツが付き、
そのインタビューを使って後日販促用のムービーにしてみようと思いますので、
そちらもお楽しみに!

11月30日になると、今度は電撃HIME1月号の発売日です。
こちらはお待ちかねの第2回合同企画「描き下ろしシチュ・衣装投票」 で見事一位を獲得した
マイマイこと九堂舞ちゃんの「神聖な道場で緊縛プレイ」の描き下ろしイラストが掲載されます。 
前回のブログでラフを紹介したあの画像の完成版、ということになります。

またこの号には小さい枠ではありますが『こいなか』のゲームシステムに関しても
紹介記事が載っていますので、興味のある方は是非チェックしてみて下さい。

さて、開発室はというと、 いよいよサブキャラの作画に取り掛かっています。
まずは挨拶代りの表情集。
kn03_01
応援バナーで使われることが案外多いともちゃんこと廣瀬もとか
kn04_01
右上の表情がにゃんぱすっぽいオカエリこと岡崎エリナ
kn05_02
下段の口の開き方が意味深な涼原ひびき

これらは全て次回公開用のイベントCGです。
上からオナニー、足コキ、フェラですね。
どんな絵になるかは次の更新日をお楽しみに!

……というわけで今回は以上です。
それではまた!

 

みなさまこんにちは。
高速回転三所責めって、どういうプレイなんでしょうか。
eRONDO代表の三ツ矢新です。

今日はこれと言ってテーマが見当たらなかったので雑記になります。

■おっぱいクリッカー
前回の更新で『こいなか』特設ページのトップ
「おっぱいクリッカー」
なるものを設置してみたんですが、なんと2週間で12万クリックオーバー!
予想以上のご愛顧にスタッフ一同びっくりしています。

今週から第二弾のののタンこと野々原みおちゃんの
おっぱいクリッカーをご用意しましたが、どのくらいのスコアになるか楽しみです。

■2回目の収録に行ってきました

今週は『こいなか』の2回目の音声収録に行ってきました。
サンプルボイスやテックジャイアン用&ティザームービー用の
ボイスコンテンツ素材等の広報用のボイスを先行収録です。
今回は舞以外のキャラだったんですが、
オーディションをした甲斐があってサクサクと進み
予定の半分くらいの時間で満足のいくテイクが撮れました。

その一部を今回オフィシャルサイトで公開しましたが、いかがでしたでしょうか?

次回の公開は残る涼原ひびきと廣瀬もとかの2名となりますが、
公開予定は恐らく来月になるんではないかと思います。

■11月30日発売の電撃HIME1月号に描き下ろし企画第二弾が掲載

先日twitterで電撃HIME様のアカウントから↓の描き下ろしラフが公開されました。
hime2@縮小

何か今まさに作ってるゲームとは少し雰囲気が異なって、
山賊に犯される女剣士モノののような趣になってるような気もしますが、
アンケート結果でぶっちぎりのトップでしたし、
これはこれでそそられるものもありますので、宜しいんじゃないかと思います。

ラフ画では局部への縄が中途半端にしか描かれていませんが、
本番ではばっちり食いこませてあり染み等のディティール処理もしてありますので
ご安心(?)を!

本編と雰囲気が異なる……と言いつつも、拘束系のプレイは出てきますので
そちらもご期待ください。



……というわけで今回は以上です。
それではまた!
 

みなさまこんにちは。
eRONDO代表の三ツ矢新です。

まずはお知らせから。
今週は公式サイトの更新はありません。
その代り来週の更新では野々原みおとオカエリの
サンプルボイスを公開しようと思いますのでお楽しみに!
システム欄も素材が間に合えば公開したいです。

さて、今回のお題は「表情」です。
前回の記事で触れたとおり、作画方面では最近は立ち絵を作っています。
もう塗り上がったものなどもあり、それらは
11/21発売のテックジャイアンや11/30発売の電撃HIME等でも紹介されますが、
現場ではいよいよキャラの息吹を伝える表情が上がってきています。

百聞は一見に如かず、ということで、こんな感じです。

みお表情集
 舞表情集 のコピー
ブログ用に間に合わせで作った画像なのでイロイロと雑……スミマセン

今15個くらいの表情がありますが、
眉、目、口のレイヤーは別になっているので、福笑い的に組み合わせることで
表情のバリエーションはさらに増やすことが可能です。
……というか、演出のスクリプトを打っていると、微妙なニュアンスの違いに
我慢できなくなるので、増えます(断言)。

眉、目、口以外にも頬の赤みがある・なしでずいぶんと意味合いが変わってくるので、
さらに選択肢が増えます。
しかしそれでも足りない! と思うのが表情差分なんですね……

メインキャラである舞とみおには、さらに別ポーズは髪型差分等のバリエーションがあり、
こんな感じです。

みおバリエーション
みおには巫女服+ほうき持ってる差分が存在する
舞バリエーション
舞には髪アップバージョン差分が

横向きのポーズBにも当然のごとく表情差分があります。
前回の記事で触れました立ち絵の素材を作るのが大変……
ということの一端が分かっていただけるのではないかと思います。

ま、大変ではありますが、バリエーション沢山あった方が嬉しいのでやりますけどね!
演出つける時に欲しい表情が無い時の苦しさに比べればマシ、とも言えます。

というわけで今回は手短ですがここまでです。
それではまた! 

みなさまこんにちは。
eRONDO代表の三ツ矢新です。

前回今週の更新はまとまったものを……と書きましたが、
結局CGとキャスティングの一部公開くらいになってしまいました。

くらい、とか言いながらも遂に『こいなか』ボイス初公開です!
マイマイこと九堂舞ちゃんの声、いかがでしょうか?
正直に申し上げますと、僕は収録中日常パートの台詞を聞きながら半勃起していました。

サンプルボイスは今回6個公開しましたが、元々このゲームはワード総数が非常に多いので、
本編の収録が始まった後も、出し惜しみすることなく追加していこうと思っています。
たぶんきっと、みなさんに是非聞いてもらいたくなるようなボイスデータが
次から次へと撮れそう……という予感があるんですよ!

また、サンプルボイスこそ公開していないですが、
野々原みおちゃんとオカエリのCVも公開されている……
ということはイコールこの2キャラの声が確定した、ということです。

web公開用のボイス収録はこれからなので、
11月中旬くらいにこの2キャラのサンプルボイスが公開になりますが、
既にテスト版というかプロトタイプの演技の段階で
もう、もうもうもう! 僕はもう!!
みたいな感じなので、是非ともご期待いただければと思っています。

本当はシステムページとかも一緒に更新したかったんですが、
素材の一部が間に合わず、次回以降に見送ることにしました。

システムページの素材は、間に合わせの部品を組み合わせて、
あたかもゲームが動いてる風に作れなくもないんですが、
結局本番用のデータも後で作ることになるので、二度手間です。
今回はそういうマジックは使わないで、
純粋にゲーム本編に掛ける手間や時間を増やそう、という判断です。

さて、今回のタイトルは「今後の予定など」ということなんですが、
最近内々に『こいなか』の発売日というか「この辺に発売しよう、できそう」
という具体的なものが見えてきました。

発売日の発表自体はもう少し後(恐らく年末から年始)になりそうなんですが、
お尻が決まったということは、そのに至るマイルストーンが凡そ見えた、ということです。

今回その一部をご紹介すると……

・11月中旬 サンプルボイス追加
・11月21日からテックジャイアン誌上にて5か月連続の連載企画ページが掲載
・12月から音声収録開始(撮れるキャラから順番に、年明けから本格的に)
・年末年始にキャラクター紹介を兼ねたティザームービーを公開
・年明け~2月に店舗予約特典を公開
・3月にOPムービーや体験版公開

というような予定になっております。
(ムービーや体験版はまだまだ先の話なので、かなりざっくりした目標ですが……)

年明けから本格的に「ゲームを売る」ためのアクションが本格的になるイメージですが、
その準備は既に始まっていたりするので、
印刷や業者を通さなくて済むwebページでの情報公開(立ち絵やシステム紹介、ボイスサンプル等)
は、来月辺りから素材が纏まり次第やっていこうと思います。

「素材が纏まり次第」というのは、いかにも漠然とした表現ですが、
一番時間かかっている――7並べてで言うところの「止めてる」――のは、やはり立ち絵です。
立ち絵は表情差分や衣装差分などが多く作画・彩色ともにべらぼうな時間がかかります。
さらに、塗りのクォリティの面でも恐らく最も多くの時間ユーザーの目に留まるCGですので、
なかなか妥協することができません。

こいなか立ち絵ラフ
案外時間のかかる立ち絵のラフ。これに差分がいっぱい……
現在着色されたものが順次上がっていますが、全部揃わないと使い辛い。ぐぬぬ


ゲームの画面を再現するにも必要ですし、
キャラクターの魅力を伝えるのに立ち絵の表情、というのも欠かせないので、
その素材が仕上がってから様々な情報がお届けできるようになると思います。

そうしてお待たせする代わり……と言っては何ですが、
そういったwebページを構成する素材がなかなかやって来ないので、
時間を持て余したweb担当のスタッフが「おっぱいクリックカウンター」を作ってくれました!

『こいなか』トップページのマイマイのおっぱいを揺らしつつ、
次回更新までの慰みとしていただければ幸いです。

……というわけで、今回は以上です。
それではまた! 

このページのトップヘ