皆様こんにちは。
eRONDO代表の三ツ矢新です。

今週は小さな締切があり、ブログ更新が土曜日になってしまいました。
本庄マサトくんと二人で、久々に徹夜しちゃいましたね。
徹夜は長期で見ると効率が良くないと思っているのであまりしませんが、
締切がある場合は仕方ないですね。

今回のタイトル『こいなか』では、描き下ろしを中心とした、
本庄くんのイラストの露出をこれまでより増やそうという方針です。
今月末発売の電撃HIMEに掲載される合同企画の描き下ろしイラストに始まり、
年が開けてから公開されるであろう、店舗特典の描き下ろしイラストも、
前回より多くなりそうな感じです。

電撃HIME合同企画第1回ラフ
先日電撃HIMEの公式twitterアカウントで公開された描き下ろしのラフ

本庄くんは今作も描き下ろしはもちろんのこと、
キャラクターデザイン、イベントCG・立ち絵の全作画、デフォルメキャラデザイン・作画
と、キャラクターに関わる部分ほぼ全てを一手に引き受けて作業してくれています。

もうかれこれ4年くらいの付き合いですが、
口数はそれほど多くなく、twitterやブログ等でコメントをするタイプではないですが、
黙々と机に向かって作業する職人肌です。

本庄くんの絵を最初に見た時は、まだ1つも仕事をしていない状態だったので、
才能は感じるものの、完成度という点ではまだ足りないかな、という感じでしたが、
毎日決まった時間に事務所にやってきて、終電ギリギリまで作画作業をして帰る、
ということを延々と続けた結果、今みなさんが見ているレベルまで上達しました。

そして、それを未だに続けていられるので、それを止めない限り、今後も上手くなっていくでしょう。

僕とは歳は離れていますが、こうしたひたむきさを長期間持続できる姿を目の当たりにすると、
自然と襟を正すというか、一人の人間としてリスペクトしてしまいます。
一言でいうと「この人すげえな!」と言う事です。

聞けば「とにかく絵を描いていたい、上手くなりたい」らしく、
全パラメータを絵を描くことに振った感じですね。
おかげで好き嫌いがはっきりしており、苦手なメール(というかタイピング)は、極力せず、
『らぶらぼ』からの僕との仕事のやり取りでメールを利用した回数0という
記録を現在も更新中です。

じゃあどうやってやり取りしてるの?
というのは当然の疑問かと思いますが、
指定やコンテ、修正指示はスカイプ等のチャットやテキストファイルで
こちらがログを残し、本庄くんからの問い合わせは口頭で行えば特に支障はありません。
雑誌のメールインタビューなんかも、一旦こちらが先方から質問事項を受け取って、
本庄くんに実際に口頭でインタビューし、文字起こししています。

現場でも本庄くんはあまり喋りませんが、同じ開発室で作業していると、
僕も「これはこっちも下手な仕事できないな」という、
ある種のプレッシャーというか刺激を受けて、ほど良い緊張感で仕事をすることが出来ます。

そして、こういう緊張感のある現場は、大体良いものが出来るという予感もあり、
新しく会社とブランドを作ってもやっていける、という自信や判断の源も、
そういうところから来ている面も大いにあります。

そういう本庄くんですが、もちろん人の子なので、
描いた絵に対する反応が気にならない訳ではありません。
メーカーに届いたユーザーの反応が良ければ、作業中気分が悪くなろうはずがないです。

……というわけで、これから描き下ろしや、『こいなか』の新しい絵が公開されていくと思いますが、
イラストに対するメッセージはしっかり届いて、これから描いていく絵に反映されていくと思いますので、
もし本庄マサトくんの描く絵がお気に召すようであれば、
eRONDOに直接メールしていただいてもブログやtwitterでも何でも構いませんので、
感想なり思いのたけを発信していただけば、 嬉しいですね。

今回は以上です。
それでは、また!